昭和期の都市労働者

[1] 東京:日雇・浮浪者(昭和2~63年)

【解説】
本田 豊(東京人権歴史資料館)
岩田正美(日本女子大学教授)
有隣園テント村のルンペン・
昭和6年
◎世界大恐慌とともに始まった昭和。戦時体制下の大戦そして敗戦を経て戦後の占領―高度経済成長からオイルショック。激動の昭和の時代を通し先進工業国の一員となる日本の成長を下支えした様々な労働者たち。経済工業活動の中核となった都市。そこに生きた労働者の置かれた状況と直面した問題を介して、昭和期の経済産業構造の実像、社会政策と労働者、労働者を中心にみた都市社会環境、労働と一個の人間との関係性とはなにかを考察する。
現在グローバリゼーションと「構造改革」のもと、新たに流動化し激変しつつある『労働』ということがらへ歴史としての昭和が大きな問題を投げかけるシリーズの第一弾。
就業前の沖仲仕(アンコ)・
昭和11年
◎昭和期の経済成長と基幹産業を根底から支えながら底辺労働力として周縁に位置付けられた「日雇」「浮浪者」。
劣悪な労働環境、福祉の制度的な対象からの阻害など表出する社会構造の問題、経済、資本、生活、個人と労働の矛盾などを記録された資料により追跡する。
◎昭和期の労働者の主な舞台となった都市、特に日本最大の都市・首都東京における労働・労働者に関して調査、考察した資料で構成。
◎戦前期の資料は、東京市社会局による資料、戦後は東京都労働局・民生局の著した報告書を中心に大学の調査報告書、関係諸団体の資料、ルポルタージュなどを平成の直前まで収録。
◎特に資料の散在と劣化が著しい昭和20年代、30年代の資料が充実。
日雇労働者(紹介)・
昭和29年
・別冊に政策の変遷、浮浪者と日雇の問題の背景に迫る解説論文を収録。
第1回配本:昭和2年~31年 全10巻(第1巻~第10巻)
本体揃価:150,000円(税別)
A5判上製/全4,200頁/ISBN4-87742-829-1
2006年12月刊行/発売中
第2回配本:昭和32年~41年(1) 全9巻(第11巻~第19巻)
日雇労働者(土木労働)・
昭和29年
本体揃価:135,000円+税
A5判上製/全3,800頁/ISBN978-4-87742-840-2
2007年2月刊行/発売中
第3回配本:昭和41年(2)~63年 全6巻+別冊1(第20巻~第25巻+解説編)
本体揃価:99,750円(税別)
A5判上製/全3,000頁/ISBN978-4-87742-850-1
2007年4月刊行/発売中
全25巻+別冊1
山谷簡易宿泊所密集地域
日雇労働者の稼動、
収入実態調査より・昭和26年
全巻揃価:380,000円(税別)
A5判/全11,000頁
限定100セット